CALENDAR  ENTRY  COMMENTS  CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE 

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
 うどん10歳のお誕生日おめでとう
一緒にお祝いしたかった10歳
叶わなかった10歳のお祝い


うどーん、わたしね、もっとあなたと一緒にいられると思ってた
ずっとそばにいてくれるものだと信じてた
病気になんてならないと思ってた
小さいときから苦労させてしまったね
あのときあなたを引き取って育てるって決心した気持ち
あなたを幸せするって誓った気持ち
ついこの間のことのようだよ
あなたが可愛くて、大好きで大好きでしかたがなかった
いつも真っ直ぐにわたしを見てたうどん
わたしもいつもいつもあなたのことを全力で考え、見ていたよ
元気でいるときから大好き過ぎて涙を流してしまうときがあった
わたしの横で寝ているときでさえもうどんに触れると涙がでてきたりして
普通に暮らしているのにいつも心のどこかで不安があった
ふとうどんがいなくなったらどうなってしまうのかな?なんて
考えてしまうときもあった
あの頃は本当の怖さ辛さ寂しさなんてわかっていなかったんだね


うどん、あなたはしあわせだった?
あなたからの返事はもう聞くことはできないけれど
わたしは心から幸せだったよ
だからあなたを失ったとき
言いようのない喪失感だった

余命を宣告されてから
毎日が恐怖の連続ででもどうしてあげることもできずに苦しかった
うどんとそばにいたい、でも顔を見るのがこわい
どうにかしてあげたい、でもどうにもできない
毎日本当に辛かった、逃げ出したかった
それでも
うどん…あなたは本当に最後まで踏ん張ってくれたね
最後までわたしを思ってくれていたね
最後の日、病院で そろそろかもしれない…と先生に言われた
でもその後一緒にドライブしてランチを一緒に食べたね
野菜…魚…美味しそうに食べていたうどん
その時の写真はまだ見られないけれどきっとそこには可愛いうどんが
写っているんだと思う
そのドライブ先で七夕前で竹飾りがあり短冊にお願い事したよね
-うどんの病気が治りますように-
まさかその日のうちにわたしの元からいなくなってしまうなんて
想像すらしていなかった
七夕には悲しくゆらゆら揺られていたのかな、あの竹飾り...
先生に余命を言われたときも、そろそろかもしれないって言われたときも
全身の力が抜けるような崩れ落ちるような感覚だったけれど
認めたくなかった 怖かったんだよ、うどんを失うなんて
あの日から何かが変わってしまったようだよ
あなたのものでいっぱいの部屋 何も片付けられない
今でもお散歩カートを見るたびに触れるたびに涙ぐんでしまうよ
寂しくなったら骨壺を抱いてしまう
うどん、うどん、うどんでいっぱいなのにあなただけがいない
どうしてこんな風になってしまったんだろう?って不思議


これから先涼しい秋がやってきて、紅葉で街全体が赤黄色に染まり
そして寒い冬がやってくる 
クリスマスやらお正月モードで街は忙しくなるね
そうしたら日差しがやわらかい春がやってきて…桜の咲く頃強くあなたを思い出す..
きっと桜を見るたびにあなたのことを強く思い出すことになる
最初の余命が桜の咲く頃と言われ、病名が判明してからたったの余命2週間だったこと
桜を一緒にみたい一心で早く咲いてほしいという気持ちと
もし桜が終わってしまったら…どうなってしまうのか不安な気持ちでぐちゃぐちゃだった
病気のせい、薬のせいかどちらかわからないけれど喜怒哀楽が少なくなった
うどんとたくさんの桜を見に行った うどんと見たかった そして余命なんて
吹っ飛ばしたかった 病気なんかじゃないって思いたかった
すごくすごく怖かった たまらない気持ちで桜を見上げてた 本当にきれいだった
今年一緒にみたたくさんの桜 あの時の気持ち うどんの姿忘れない


うどんには感謝の気持ちでいっぱいなんだ
あなたが残してくれたたくさんのものの中にかけがえのないものがある
それはうどんを通じて知り合えた友達 ブログを通じてできた友達
きっと絶対一生付き合っていける人なんだなという大切なつながり
仕事をやめて外に出る機会も少なくなって新しい付き合いなんてなかった
そんなわたしにきっとうどんが引き合わせてくれたんじゃないかなって思う
あなたを失う前から、失ってしまってからも連絡をくれたり励ましてくれたり
時には一緒に泣いてくれたりもした


うどん…
わたしたちの元に現れてくれてありがとうね 生まれてきてくれてありがとう
そして楽しかった日々をありがとう


10歳のお誕生日本当に本当におめでとう、うどん


そして今日が偶然にもお誕生日でありうどんの四十九日の日…
無事に法要も終わりまた泪でいっぱいの一日を過ごした
わたしにとって一つの区切りでしかないけれど
これから先もずっとうどんのことを想い、もがきながら生きていこうと思う
これで本当に最後のブログになります
先〜のことは考えられない、考えたくない
また新たにブログを始めるかもしれないしこのままずっと遠ざかってしまうかもしれない
でもわたしの中では“おはよう どんてぃん”は完結であり永遠です




ありがとう、うどん
ずっとずっと大好きだよ、うどん


またね うどん
またね。











*
つぶやき - -
 あなたがいたから毎日が楽しく感じた
あなたがいたから色んなことを頑張れた
あなたがいたからたくさんのことを学ぶことができた



朝 目をあけたとき、今いちばんの憂鬱
うどんのいない朝 うどんのいない一日がはじまるから

自分のこと、やつらのこと、家のことを淡々とやり過ごす
淡々と時間が経ってゆく


がむしゃらにクソ暑い中自転車に乗ってみたり
何かにつけてメソメソしたり
そしてため息



あぁ、これでおやすみを言えば
また明日がやってきてしまう
また一日がはじまってしまう




夜んぽ、月がきれいだったよ
明日は10歳の誕生日だね 一緒にお祝いしたかったよ
おやすみ、うどん。

つぶやき - -
 ここでの更新もあと少し
わたしのブログを始めたきっかけは可愛いうどんを見てもらいたかった...
そんな安易な理由だったと思う
可愛い顔、不思議な性格、憎めない動き
途中からもっと可愛いうどんをきれいに残してあげたい
そんな気持ちからデジタル一眼レフを買った
カメラが大好きになって楽しくって
ファインダー越しにのぞくといつもうどんがそこにいた
夢中になってシャッターを押した
病気になってからはグーンとカメラを手に取ることが減り
なかなかカメラをうどんに向けられない日々だった気がする
今は全くと言っていいほどカメラを触らなくなってしまった


いつの日かまたゆっくり
あんずやあくびを撮ってあげたいって思えるようになると思うんだ
再びカメラが楽しいって思えるようになると思うんだ
そこにはうどんがいないとわかっていても・・・・・・・
苦しくても・・・・・・・
寂しくても・・・





うどーん、おやすみ。


つぶやき - -
 今年のお盆
ここ10年近く叶えたいことが叶った
それは御巣鷹の尾根へ行き日航機墜落事故の慰霊登山すること
わたしは関係者でも遺族でもない
けれど
遺族の方々も高齢化が進み慰霊登山を断念せざるを得ない状況だと知った
新聞で見た この事故で亡くなられた坂本九さんの娘さんの言葉


遺族だけでなく、多くの方が登って、事故を知ってほしい。


この言葉に背中を押してもらったような気がする
そして決心をした



忘れてはいけない
決して忘れない
安らかに…ただただ安らかに…そう手を合わせた
急斜面に並ぶたくさんの墓標を前にできるだけたくさん手を合わせた
胸が詰まった
空の安全を願う、そして事故を忘れない
わたしにできることはそれぐらいしかないけれど
登れる限りまた行こうと思う 


* * *


少しずつ蝉の声が少なくなって
夜になると
リリ、リリリ、、、どこからか秋の虫の声まで聞こえてくるようになったこの頃
うどーん あなたと離れてから時間の感覚がヘンだよ
一日をどうやって過ごせばいいのか 何だか難しくて
うどんに会いたいな
昨晩は寂しくなって一人シクシクしちゃった夜


おやすみ、うどん。






*
つぶやき - -
 夕方一気に暗くなりそして雷雨
雷の音がきらいだったうどん
若かった頃は鳴いて反応を示したけれど
あの震災後からは
おしっこをまき散らしてハァハァして助けを求めたうどん
こわくない、大丈夫だよ、大丈夫だよって
わたしの足の間にお座りさせて喉から胸にかけてさすってあげた
今も同じようにしてあげたい衝動にかられる
でも今は雷が鳴ろうがピカピカ光ろうがお構いなし
スース―寝息をたてているお二人さん


今のわたしは自分自身の心の中といわゆる外面との
ギャップが苦しい
なんでもないフリをする
考えてないフリをする
苦しい
苦しいよ、うどーん




明日は雨なのかな
おやすみ、うどん。
つぶやき - -
| 1/113 | >>